7月上旬にアルバトリオン含む大型アップデート第4弾が配信されます。前回、予想記事を書いたんですが今回は、今の内にストックしておきたいアイテム6種について紹介します(*’▽’*)b

第4弾アップデートに備えてストックしておきたいアイテム

天の竜人手形

天の竜人手形

アルバトリオンや歴戦王古龍(第2弾)の武具生産や護石の強化で、マスターランクのモンスターのレア素材(天鱗など)が必要になってくるかと思います。
どのモンスターのレア素材が必要になるかはまだ分かりませんが「天の竜人手形」があれば、不足しているレア素材と交換できるので、週替わりの配信バウンティや蒸気機関管理所の限界突破をこなしてストックしておきましょう(*’▽’*)b


大霊脈玉

大霊脈玉

アルバトリオン生産防具のカスタム強化で5個(αβ全部位生産なら10個)、歴戦王古龍(第2弾)のγ装備生産で5個必要になりますが、今回武器のカスタム枠拡張ができるとさらに必要になりますので、不足している方は「殲滅の主はまた鐘を鳴らす」などを周回してストックしておきましょう。

王鎧玉

王鎧玉

こちらも、アルバトリオン生産防具や歴戦王古龍(第2弾)のγ防具の強化で必要になります。
RARE12防具5部位をLv1から最大まで強化すると「270万ゼニー」と王鎧玉換算で「75個」も必要になります。

アルバトリオン生産防具や歴戦王古龍(第2弾)のγ防具を10点を最大まで強化すると「王鎧玉150個/540万ゼニー」必要になるので、不足している方は、鎧玉の報酬量がアップ「M★5 燻火堆然」を周回ですね!

霊脈の古龍骨

霊脈の古龍骨

「殲滅の主はまた鐘を鳴らす」で大霊脈玉を集めていると、導きの地へ行く機会が少なります。アルバトリオン武器の性能が、皇金武器や覚醒武器の性能を上回る場合、強化対象になります。
攻撃強化などは既存武器の素材を付け替える形で移行できますが「武器のカスタム枠拡張」は素材還元されないため、大霊脈玉の他、「霊脈の古龍骨」や歴戦ラージャンやネルギガンテ素材が不足している方はストックしておきましょう。
「武器のカスタム枠拡張」に必要な素材数は下記にまとめました。

調査団チケットG

調査団チケットG

ギルドワークシリーズやオトモ防具、チャームの色違いの生産などで何かと必要になる「調査団チケットG」ですが、直近では、上位のガイラ装備(重ね着防具)でも必要でした。
アップデート後の追加の重ね防具の生産や護石強化などでもまた必要になるかもしれないため、不足している方は程度ストックしておきましょう!
「調査団チケットG」は、フリークエスト「陰陽讃歌」「冠するものたち」「神時の台地」など入手できます。

地啼龍の慈眼殻

地啼龍の慈眼殻

歴戦王古龍第2?3弾?…いずれ実装される歴戦王アンイシュワルダのγ防具の生産や、護石強化などで「地啼龍の慈眼殻」が必要になる可能性があります。「地啼龍の慈眼殻」はレア素材ですが、天の竜人手形で交換できないため、アンイシュワルダの頭部部位破壊を狙って収集する必要があります。詳細は下記をご参照ください。

さいごに

今回は、第4弾大型アップデートに備えて補充しておきたいアイテム6種について紹介しました。

**** まとめ ****
  • 天の竜人手形
    (※防具生産のレア素材交換用/バウンティや蒸気管管理所)
  • 大霊脈玉
    (※武器や防具のカスタム強化用/「殲滅の主はまた鐘を鳴らす」)
  • 王鎧玉
    (※防具のカスタム強化用/「燻火堆然」)
  • 霊脈の古龍骨
    (※武器のカスタム強化用/導きの地(Lv7古龍)
  • 調査団チケットG
    (※重ね着装備の生産(?)/フリークエスト「陰陽讃歌/神時の台地」など)
  • 地啼龍の慈眼殻
    (※歴戦王アンイシュワルダ防具生産/アンイシュワルダ頭部破壊

鳴神オウガ周回などで武器やスキル強化が完了された方は、こちらのアイテムの残数を見返して不足しているものは揃えておくと良いかもしれません。
わたしは「霊脈の古龍骨」と「調査団チケットG」の残数が少ないのでもう少し補充する予定です(*’▽’*)♪

殲滅イベントで大霊脈玉をストックしていると、武器強化に必要な「霊脈の古龍骨」などの導きの地の素材が足りない場合もあるので、たまには、導きの地へ行かなくちゃね*^_^*

「調査団チケットG」も今後追加される重ね着装備の生産で必要にニャるかもしれないので、フリークエストも小まめに周回ニャッ♪