モンハンワールドの快適スキルに「防音(耳栓)」「防風(風圧耐性)」「耐振(振動耐性)」があります。咆哮や振動には「大」「小」サイズがあり、それぞれのサイズに合わせてスキルを調整するとことで快適な立ち回りつつ他のスキルに割り振ることができます。

最近では、鳴神オウガイベントでRARE12装飾品「防音珠Ⅱ」の収集を目標とされている方も多いかと思います。そんな今回は、防音、防風、振動の耐性を盛る方法とMHW登場の全モンスターのこれら3種の必要耐性ついて紹介します( ⁎˃ᴗ˂⁎ )

「咆哮/風圧/振動」対策方法

装飾品で対策-防音・防風・耐震-

「咆哮/風圧/振動」はモンスターによって【大/小】サイズがあり、スキルレベルによっては無効化できる範囲が決まっています。耳栓の場合、Lv3で「小」を無効化し、Lv5で「大」まで無効化できます。


装飾品で対策を行う場合【小】までなら「防音珠Ⅱ【4】」1個に、「防音珠【3】」1個(or防音x〇〇【4】)で対策できます。【大】まで無効化するなら「防音珠Ⅱ【4】」2個に、「防音珠【3】」1個(or防音x〇〇【4】)が一番スマートな対策になります。

「防音珠Ⅱ」は入手確率が非常に低いですが、特に以下のようにモンスターが確定で咆哮を行う際に役立ちますので、是非2個は押さえておきたい装飾品です(*’▽’*)♪

  • 開幕のクラッチぶっ飛ばし
  • 怒り咆哮後の不意打ち攻撃の回避
  • 咆哮後のエリア移動(or捕獲移動)の閃光阻止


防風も防音同様に、Lv3で【小】まで無効化、Lv5で【大】まで無効化できます。
装飾品でカバーするなら「防風珠Ⅱ」x2+αで上げるのも良いですが、耳栓スキルに比べ必要優先度は低めです…。


風圧には【大/小】とは別にクシャルダオラやゼノジーヴァが使用する「龍風圧」があり、こちらは風圧耐性【大】では無効化できないため、クシャ装備3部位(2部位+覚醒武器)の「鋼龍の飛翔」で対策する必要があります。
ただ、龍風圧に関しては、ワールド時代の歴戦王クシャルダオラ実装当時は役立つ場面はあったのですが今はそこまで必要になる場面がありません。


「振動」対策に役立つ「耐震」スキルは、Lv2で【小】まで無効化、Lv3で【大】まで無効化できます。
防音、防風と違って単体強化珠(Ⅱ)が存在しないため「耐震珠【2】」や複合珠でのカバーになります。

この他、耳栓スキルなら「ゾラマグダラオス・バゼルギウス・ネルギガンテ・ガルルガ」装備に付与されている効果でも補完できますが、装飾品のみの方が装備の自由度も高くなり、例えば「EX龍紋(5部位)」の空きスロットに入れて攻撃+快適運用を行うこともできます。

特殊装具(装衣)で対策-不動の装衣-

不動の装衣

「咆哮/風圧/振動」のすべてを防ぐ方法として「不動の装衣」があります。3種耐性に加え、ひるみ(しりもち)無効効果もあり、さらにダメージ軽減もできるので、特にガードができて定点攻撃を行う武器種と相性が良いです♪

ただ、攻撃を受けて転倒しないため、ガードができない武器種だと、多段攻撃や連続攻撃で力尽きるリスクがあります。マルチで密集している時に、ジンオウガの3連プレスがくると非常に危険です(৹˃ᗝ˂৹)

スロット【4】装飾品が2個装着できる③
特殊装具だと、不動の装衣よりもスロット数が多く、装衣の回転率が高い(効果時間の長さや再利用時間の短さ)、「滑空の装衣【改】」に「防音Ⅱ(防風Ⅱ)」を2個ずつ入れて、残りを装備で補完するのも良いかもしれません。

ただ、特殊装具の場合、開幕クラッチなど一時的に使用する場面では良いですが、使用時間があるためエリア移動阻止などここぞという時に利用できない場合あるので、常時効果を得たい場合、装備側(5部位)でカバーしておく方が快適度は増します。

護石で対策-耳栓・風圧・耐震の護石-

耳栓の護石

続いて紹介するのが「護石」でのカバーです。装飾品と比べて状況に合わせた【大・小】の細かいサイズ調整ができないですが装備によっては一気に【大】まで無効化できるので便利です。
「耳栓の護石」は現在(2020/5/27)、Ⅳまで強化できますが、風圧の護石のように、今後の追加モンスター素材でⅤまで強化できる可能性があります。

風圧の護石
「防風の護石」は、ムフェトジーヴァのジオニウム結晶体を使用することでⅤまで強化できるようになりました。

耐震の護石
「耐震の護石」も【大】まで無効化できるⅢまで強化を行うことができます。

「地啼龍の神秘」で対策-真・大地縫纏-

大地縫纏

最後に紹介するのが、アンイシュワルダ装備のシリーズスキル「地啼龍の神秘」です。覚醒武器補完なども含め4部位の「大地縫纏」は、咆哮・風圧【小】サイズまで無効化、振動は【大】サイズまで無効化できます。

真・大地縫纏

5部位の「-真・大地縫纏」では、咆哮・耐震はもちろん、クシャ装備3部同様に龍風圧も無効化できます。

効果は非常に優秀なのですが「装衣着用中のみ発動」という条件があるのと、アンガルダ防具を複数部位装備する必要があるので、他の対策比べると運用難な点が多いです…。歴戦王アンイシュワルダ装備次第ですね♪

その他、狩猟笛の音色やランダムですがオトモ楽器でも耐性を付けることができます。

ワールド全モンスターの「咆哮/風圧/振動」サイズ

「咆哮/風圧/振動」の対策方法について紹介したところで、ワールドに登場する全モンスターの「咆哮/風圧/振動」サイズについて紹介します。(※モンハンワールド&アイスボーンの公式ガイドブック参照しました)

特に対策を入れておくと便利なモンスターについては黄色マーカーにし、小と大の両方を使用するモンスターについては「」として記載しています。「龍」は「龍風圧」になります。
(※種別ごとに一覧にしてみると「牙竜種」の咆哮は控え気味(←大人しい良い子)ですが「飛竜種/古龍種」はうるさいです( ⁎˃ᴗ˂⁎ ))

牙竜種-全9種

  咆哮 風圧 振動
ドスジャグラス
トビカガチ
ドスギルオス
オドガロン
ドドガマル
トビカガチ亜種
オドガロン亜種
ジンオウガ
ジンオウガ亜種

ジンオウガは鳴神周回で便利なので入れています。この他、金冠収集などで何度も同じモンスターを狩る場合も役立ちます。

鳥竜種-全6種

  咆哮 風圧 振動
クルルヤック
プケプケ
ツィツィヤック
プケプケ亜種
イャンガルルガ
傷ついたイャンガルルガ

獣竜種-全12種

  咆哮 風圧 振動
ボルボロス
アンジャナフ
ラドバルキン
イビルジョー
ウラガンキン
バフバロ
ディノバルド
ブラキディオス
アンジャナフ亜種
ディノバルド亜種
怒り喰らうイビルジョー
猛り爆ぜるブラキディオス

魚竜種-全3種

  咆哮 風圧 振動
ジュラトドス
ヴァルガノス
ブラントドス

飛竜種-全18種

  咆哮 風圧 振動
リオレイア
パオウルムー
レイギエナ
リオレウス
リオレイア亜種
ディアブロス
ディアブロス亜種
バゼルギウス
リオレウス亜種
パオウルムー亜種
ベリオロス
ナルガクルガ
ティガレックス
凍て刺すレイギエナ
紅蓮滾るバゼルギウス
ティガレックス亜種
リオレイア希少種
リオレウス希少種

古龍種-全17種

  咆哮 風圧 振動
キリン
ゾラ・マグダラオス
ネルギガンテ
テオ・テスカトル
ナナ・テスカトリ
クシャルダオラ
ヴァルハザク
マム・タロト
ゼノ・ジーヴァ
イヴェルカーナ
死を纏うヴァルハザク
ネロミェール
悉くを殲ぼすネルギガンテ
アン・イシュワルダ
ムフェト・ジーヴァ
アルバトリオン ?
ベヒーモス

ナナについては、咆哮後のヘルフレアのスリンガーキャンセルができれば風圧は不要ですが、保険としてあると安心です。マムは最初のエリアで、ぶっ飛ばしを入れる際に役立ちますがこちらはお好みで♪
アルバトリオンは実装され次第更新します。

牙獣種-全2種

  咆哮 風圧 振動
ラージャン
激昂したラージャン

激昂したラージャンは、凍て地フィールドの氷床の振動が厄介ですので「耐震Lv1」を入れておくと安心です♪

遺存種-全2種

  咆哮 風圧 振動
レーシェン
エンシェント・レーシェン

さいごに

今回は、快適な立ち回りに役立つ「耳栓・風圧・耐震」スキルを付与する方法やワールド全モンスターのそれぞれのサイズについて紹介しました(*’▽’*)b

**** まとめ ****
  • 「咆哮対策」は開幕クラッチ、怒り時の不意打ち、エリア移動妨害に便利
  • 装飾品でカバーすると「小/大」細かい調整ができるので便利
  • 咆哮「牙竜種・魚竜種」は、おとなしめ
  • 咆哮「古龍種・飛竜種」は、うるさい
  • 風圧対策は、ナナ、クシャルダオラであると快適
  • 振動対策(耐震)は、アンちゃん(Lv3)、激昂ラージャン(Lv1)であると快適

耐衝珠(ひるみ軽減)
耐震とは別に「耐衝(ひるみ軽減)」がありますが、こちらは、Lv1で「のけぞり無効」、Lv3で「しりもち無効」の効果があります。マルチでのストームリンガーの連射や曲射のひるみ無効化の他、クラッチや罠設置時に近接の方に斬られる心配もなくなりますので、マルチで遊ぶ際は、前衛・後衛関係なくLv1は積んでおきたいスキルです。

咆哮対策の「耳栓」スキルは役立つ場面が多いので「大・小」使用するモンスターを覚えて最適なサイズに調整しておくと良いわね*^_^*

周回コンテンツで役立つスキルニャッ♪