7月9日(木)の大型アップデート第4弾で追加された「アルバトリオン」について、称号獲得後50頭以上の討伐を終えました。
最初は「EX龍紋シリーズ」で回してましたが、アルバトリオンの弓「煌黒弓アルカニス」と「EXエスカドラ」生産後は、継続周回用としてアイテム節約も兼ねれる快適仕様に切り替えてスキルを新調しましたので所持アイテムと合わせて紹介します(*’▽’*)♪

煌黒龍アルバトリオン用「煌黒弓アルカニス」弓装備

煌黒龍アルバトリオン弱点属性とイベント2種について

アルバトリオンの弱点部位と弱点部位と属性

アルバトリオンの弱点属性は活性モードごとに異なります。特に「前脚」が有効なので近接の方はこちらを狙うのが良いかと思います。遠距離武器だと前脚は「★」でダメージの通りが少し悪いため「頭部」や「尻尾」が中心になります。また、「龍」活性時は「頭部破壊」が重要になってきますのでこちらを中心に狙う形になります!

「宵の恒星」「明けの死星」は開幕の属性がそれぞれ異なります。

  • 「宵の恒星」→ 氷有効 (開幕炎活性)
  • 「明けの死星」→ 炎有効 (開幕氷活性)

開幕「氷活性」の場合、次に「龍活性(&エスカトン)」になるので、このタイミングで頭部破壊が間に合えば、炎活性に移行せず氷の状態を維持するため素早く討伐できます。
(※逆のイベントも開幕属性が違うだけで流れは同じです)

活性維持の流れを整理するとこんな感じです♪
(※「明けの死星」の例です)

「氷活性」開始
  ↓
「龍活性」←(頭部破壊で属性維持)
  ↓
「エスカトン発動」
  ↓
「氷活性」維持 ←早いとここで討伐
  ↓
「龍活性」←(頭部破壊で属性維持)
  ↓
「エスカトン発動」
  ↓
「氷活性」維持 ←ここまでに討伐が理想
  ↓
「龍活性」
  ↓
「エスカトン発動」
  ↓

頭部の破壊は龍活性時のみ可能です。

ただ、龍活性時の頭部破壊の破壊ダメージの蓄積は、ぶっ飛ばしや乗りダウン時は有効ですが、抑制ダウン時(弱体化ダウン中)は蓄積されません。龍活性時でダウンとったのに角が全然折れないという時は、抑制ダウン中の頭部攻撃の可能性が高いです(৹˃ᗝ˂৹)
ですので、龍活性状態時に合わせて「乗り」や「麻痺」をとったり、「ぶっ飛ばし」ダウンで一気に頭部を責めるのがおすすめです♪

もし頭部破壊できず、属性反転してしまった場合、次の龍活性時に頭部を破壊をすると、弱点属性に戻せなくなる(=反転属性維持される)ため頭部ではなく尻尾などを中心に狙いましょう(*’▽’*)♪ 
(※下記のようなケースですね><)

「氷活性」開始
  ↓
「龍活性」←(頭部破壊失敗で属性変化)
  ↓
「エスカトン発動」
  ↓
「炎活性」変化
  ↓
「龍活性」←(ここで頭部破壊すると反転属性維持されるので注意
  ↓
「エスカトン発動」
  ↓
「炎活性」維持
  ↓
「龍活性」
  ↓
「エスカトン発動」
  ↓

基本的には「宵=氷」「死星=炎」で行った方が、弱体値も高いため早く討伐できることが多いです。ただ、弓など飛行中もピンポイントで頭部を狙えるのでパーティ内の属性統一されていない場合、状況次第で「龍属性」でいくのもありです。

ただ、全員同属性で、頭部破壊に失敗すると、その次のエスカトンの弱体化が間に合わないこともあるため、その時はあえて力尽きて属性武器を替えるのも1つの手です(⑅•ᴗ•⑅)♪
(↓わたしは、装備変更する時は下記定型文でシェアしてます)


マルチTA動画だと4分台討伐などもあるのですが、属性特化で上手くいけば救難参加でも10分台タイムでクリアできることもありました♪
この時は、近接の方3人と弓(わたし)の構成で、龍活性時「麻痺」を入れて早めに頭部破壊し「エスカトン」中もアルバのすぐ傍に「癒しの煙筒」を配置して、全員で攻撃してました。今回は、片手剣、双剣、大剣など近接武器との相性が良さそうですね(⑅•ᴗ•⑅)b

少し前置き長くなっちゃいましたが、各イベントやメンバーの属性状況に合わせた弓装備3種について紹介致します。

煌黒龍アルバトリオン「皇金の弓・王」弓装備・スキル

「皇金の弓・王」弓装備・スキル①
「皇金の弓・王」弓装備・スキル②

こちらは「明けの死星」用の火属性弓セットです。スキルなどは龍属性のものと同じ快適構成になりますが、装備を少し変えています。

達人の煙筒・改
アルバトリオンは、属性抑制などで倒れ込むことが多いので、そのタイミングに合わせて「達人の煙筒・改」を配置して、基礎会心率を一気に強化して攻撃を行っています。

煌黒龍アルバトリオン「皇金の弓・風漂」弓装備・スキル

「皇金の弓・風漂」弓装備・スキル①
「皇金の弓・風漂」弓装備・スキル②

こちらは「宵の恒星」用の氷属性弓セットです。「明けの死星」とほぼ同じになりますが、スキル選定の関係で、カスタム強化を「スロット強化」にしています。


マイセットは状況に応じて「火・氷・龍」の3種作っていますが、火と氷のマイセット名は「イベント名」に合わせておくと迷わずすみます♪

煌黒龍アルバトリオン「煌黒弓アルカニス」弓装備・スキル

「煌黒弓アルカニス」弓装備・スキル「煌黒弓アルカニス」弓装備・スキル

EX龍紋時がソロ用でしたが、こちらはマルチ想定の快適周回用の弓スキルセットになります。
防具は「EXエスカドラ(3部位=全属性耐性強化)」+「EXガイラ(2部位=根性)」の2つシリーズスキルを得られるようにしました。
時々転倒時に集中して狙われる場合もあるので「根性」スキルがあると安心です♪


こちらの装備のアルバトリオン頭部への剛射のダメージ量です(強撃ビン無)。
今回は、火力押しよりも「快適優先仕様」ですが、もっと攻撃面を重視させるなら、EXエスカドラ(2部位)に龍紋(3部位)の組み合わせもありかと思います(⑅•ᴗ•⑅)♪)

煌黒龍アルバトリオン3属性の弓装備のスキル補足説明

3種属性弓装備とも似たスキル構成にしていますので、それぞれ補足説明します。

「回避距離UP:Lv3」:アルバトリオンフィールド大きく移動するので「回避距離UP:Lv3」があると追いかけるのが楽になります。また、4連続雷攻撃の際「1.2.3…」と頭の中で数えタイミングで前側へ前転動作するんですが、この時も回避距離が役立ちます。

「早食い:Lv3」+「納刀術:Lv3」:この組み合わせで、自身やパーティーメンバー内の被弾時の立て直しが凄く楽になります。「納刀術:Lv3」の恩恵が大きく、広範囲の炎ブレスや雷攻撃の際もすぐに納刀して緊急回避動作を取れるので便利です。
エスカトンジャッジメント時もギリギリまで攻撃を入れているんですが、この時も納刀術ですぐに回復動作に移れます。

「アイテム使用強化:Lv3」+「満足感:Lv1」+「広域化:Lv1」:アルバトリオン戦では「モドリ玉」でキャンプへ戻れないため、限られたアイテム数で戦うことになります。そんな時便利なスキルです。ガイラ4部位で、「満足感・極意」も入れるのも良いですが、属性耐性が偏るため今回は入れませんでした。

「アイテム使用強化:Lv3」で「怪力の丸薬」の使用時間も30秒、「強走薬」も9分まで延長されるので、燃費が良くなり、強走薬も1戦闘2個分収まります♪
(※広域化でバフアイテムの広域化はできますが、アイテム使用強化は早食い同様にスキルを付けてる人以外伝搬されません)

  • 鬼人の粉塵(270秒=4分30秒)
  • 怪力・忍耐の丸薬(30秒)
  • 強走薬(540秒=9分)
  • 活力剤(450秒=7分30秒)

「体術:Lv3」「ひるみ軽減:Lv1」:体術はLv3ですが、前回同様に食事スキルの「ネコの体術(体術+2相当)」と合わせLv5になります。また、マルチで行く際は、遠方武器の方同士の立ち回りで被弾する場合もあるため「ひるみ軽減:Lv1」入れておきたいところです!


「煌黒弓アルカニス」と煌黒龍の神秘「耐性変換【属性】」込で属性攻撃値も1000突破します。狩猟笛の方の音色合わせると1200以上になり、さらに災禍転福を入れると1300を超えます。
また、「煌黒弓アルカニス」は、スロット【2】が2つ使える他、ほとんどのビンが使用できるのも嬉しいですね( ⁎˃ᴗ˂⁎ )


今回「耐性珠Ⅲ」は1つも入れていないですが、食事の「属性耐性【大】」と全属性耐性強化(耐性値x1.2)の効果で防御面もある程度カバーできました。特に「火」と「龍」ダメージ量が大きいのでカバーしておきたいところです。水は他の属性に比べそこまで被弾することがないため耐性20にしていないですが、被弾時属性やられになるので「ウチケシの実」も持っていってます。

煌黒龍アルバトリオン食事スキル


食事スキルはカスタマイズして「ネコの体術」と「ネコの射撃術」を入れ、野菜食材で「属性耐性【大】」が付与できるようにしています。

煌黒龍アルバトリオン所持アイテム

アルバトリオン用の所持アイテムセットになります。「秘薬」や「生命の大粉塵」は調合素材を含めて所持し、「ニトロダケ+空き瓶(=強撃ビン+20)」に加え、たまに矢が届かず、20発で麻痺状態にできない場合もあるため、保険として「マヒダケ+空き瓶(=麻痺ビン+20)」も用意しました。

また、エスカトンジャッジメント時は赤ゲージを一瞬で回復できる「アステラジャーキー」が大変役立ちます(⑅•ᴗ•⑅)♪


ショートカットは、1と2(上下)で切り替えていますが、「秘薬」と「生命の大粉塵」は、即座に使いたいため上下ともに入れています。

煌黒龍アルバトリオン弓乗り

弓も乗りを取りやすい武器種ですので、状況に応じてとるようにしています。最初の内は、乗り後の制御が難しかったんですが、アルバトリオンの移動に合わせてテンポ良く、頭と胴へ乗り位置を切り替えることで、安定してダウンフィニッシュまでとれるようになりました♬

しがみついてる間はスタミナゲージをじっくり見て、少しでも減少を見せたら移動するのがポイントです。だいたい5回くらいのしがみ移動でフィニッシュになります。

また、誰かが乗りをとられている時は「ハジケ結晶」をぶつけて早めにダウンを取るのもおすすめです!
「ハジケ結晶」は開幕キャンプに落ちているので、乗りをよく取られる方「操虫棍の方など」がいる時は事前に拾っておいて乗り時に援護しましょう(*’▽’*)b
ただ、乗りをとるまで結晶を維持してると、ぶっ飛ばしタイミングを逃すため、ぶっ飛ばししたい時は一旦フィールド内の「石ころ」を拾って行い(=持ち替え)、ぶっ飛ばし後に、ハジケ結晶を再度拾う感じです。

あと、乗り中も突進攻撃など暴れ回るため、攻撃をされる方も注意が必要ですね>_<*(わたしもよくやられます…)

あとは、装備を新調したらチャームの新調ですね( ⁎˃ᴗ˂⁎ )♪♪
わたしは、3種の蝶のチャームを「火」「氷」「龍」属性で使い分けてます。


アルバトリオンは攻撃回数が多く、何度も集中して狙われると危険なので「早食い」に「納刀術」スキルがあると立て直しがだいぶ楽になるわね*^_^*

アルバトリオン武器で挑戦される方も増えてきたニャッ♪