Switchの新作モンハンシリーズ「MONSTER HUNTER RISE」と「STORIES2」について、9月25日(金)追加のPV映像と25日(土)に公開された情報をまとめました。

PV追加映像では、大樽爆弾を背負った状態で空中から攻撃アクションや新規追加の大型モンスター蜘蛛タイプの「ヤツカダキ」、世界初の実機プレイでは、翔蟲やガルクの乗り方や、大型モンスターヨツミワドウやアオアシラの戦闘、フィールドの環境生物なども紹介されたのでこちらも合わせて紹介したいと思います(⑅•ᴗ•⑅)♪

TGS2020「モンハンRISE」情報

先ずは「MONSTER HUNTER RISE」の追加情報について紹介します。

TGS2020「モンハンRISE」情報RISE登場武器の見た目

こちらは9月25日(金)放送のカプコンTGSで紹介されたPV映像追加の武器カットになります。弓のCSアクションも健在なのでホッとしました( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

放送内のコメントで『ワールド登場の全14武器種はすべて登場しますので安心ください』とありました!

TGS2020「モンハンRISE」情報空中大樽爆弾アクション

ワールドでもお馴染みのタル爆弾ですが、RISEでは、樽爆弾を抱えたまま敵に向かって攻撃できる新アクションが追加されています。長時間爆弾持ってたら途中で爆発とかないでしょうか( ⁎˃ᴗ˂⁎ )。

TGS2020「モンハンRISE」情報オトモ「アイルー」と「ガルク」

こちらは先行情報でも出ていますが、今作ではオトモとして、アイルー(猫)とガルク(犬)の2種を連れていけます。手裏剣投げとか遠投攻撃が鮮やかです!
ソロだと

「ハンター + 猫x1/犬x1」
「ハンター + 猫x2」
「ハンター + 犬x2」


など組み合わせは自由で、マルチでも1体連れていけます。
猫派と犬派で派閥がうまれそうですが、プーギーちゃんが実践に登場する日はいつになるのでしょうか( ⁎˃ᴗ˂⁎ )

TGS2020「モンハンRISE」情報モンスターの種別や英語名

  • 【牙竜種】怨虎竜:マガイマガド (Magnamalo)
  • 【鳥竜種】傘鳥さんちょう:アケノシルム (Aknosom)
  • 【鳥竜種】鎌鼬竜れんゆうりゅう:オサイズチ (Great Izuchi)
  • 【両生種】河童蛙:ヨツミワドウ (Tetonaradon)

既に紹介されている、大型モンスター4種についても英語名や種別含めて紹介されました。鳥竜種は2体ですね!
名前と種族、2つ名もきちんと覚えないとですね(⑅•ᴗ•⑅)♪

実機プレイ内では、過去作でも登場した、火属性弱点の「【牙獣種】青熊獣:アオアシラ」との狩猟もありました。(後述)

オサイズチは、ジャギーのように複数体群れて登場するみたいです♪

TGS2020「モンハンRISE」情報新モンスター「ヤツカダキ」

新規追加の大型モンスターは蜘蛛の姿をした「ヤツカダキ」になります。蜘蛛と言えば『糸』ということで、拘束攻撃を多用してきそうですねー(৹˃ᗝ˂৹)

TGS2020「モンハンRISE」情報拠点「カムラの里」と「大社跡」

ワールドのアステラ・セリエナにあたる、今作の拠点は「カムラの里」です。クエストボードはもちろん、武器鍛冶や植生栽培などありそうな気がしますが、今作でもシーズンごとに「カムラ祭【〇〇の宴】」はあるのでしょうか( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

狩猟フィールドとして今回の実機プレイでも使われた「大社跡」になります。森や竹林、古い家屋(建造物)の他、崖の多いフィールドマップになります。
自然豊富なフィールドですがワールドの「古代樹の森」程複雑な感じではなさそうです。

TGS2020「モンハンRISE」情報amiiboフィギュアの見た目

別途販売のamiiboについては、ゲーム内で入手できる重ね着のCG画像はありましたが、今回は購入時のフィギュアの見た目も紹介されました。

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイ

続いては、26日に放送された「MONSTER HUNTER RISE」の実機プレイの中からいくつかピックアップして紹介したいと思います。実機プレイは前半が「双剣(男性ハンター)」、後半が「太刀(女性ハンター)」で行われました。
(※情報量が多かったため、こちらについては、再度映像見返して随時追記更新します)

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイテントの中で食事可能

男性ハンターの見た目です。
今作では、テント内の中で「食事をする」のメニューがあります。メニューUIが集約されてわかりやすくなっていますが、1回キャンプへ出入りするロード時間を挟むので、拠点で食事をし忘れるとめんどくさいかもしれません。

そして、ゼニーのカンスト(?)は「99,999,999z」(約1億)!

女性ハンターの見た目です。
こちらの操作ではガルクを2匹連れていましたが、片方の色が白いですね♪

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイRISEのUI回り

フィールド画面のUIです。
「モンスターアイコン」が右上になったり、モンスター狩猟数が左側に表示されたり、細かい位置が異なりますが基本的にワールドに近い感じです( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

拡大すると見づらくなりますが、今作のモンスターアイコンは「和」のテイストになっています(⑅•ᴗ•⑅)♪
今回の実機プレイでは、真ん中の「アオアシラ」と右側の「ヨツミワドウ」と戦っていました。今回戦わなかった左側のアイコンのモンスターも気になりますね。オサイズチ(?)

また、RISEでは、ワールドの時のような導蟲のシステムはなくなり開始と同時にモンスター位置がわかるようです。嬉しい調整(*’▽’*)♪

狩猟で大事となる、アイテム回りのUIもワールドに近い形で、右下にレバガチャ形式のものが表示され、それとは別にショートカットもあります。

今回の狩猟MAPです。崖の上とかは複雑そうですが、それでもワールドの初期MAP(古代樹の森)と比べると本当にわかりやすいです。物語の最初のフィールドはこれくらいがちょうど良いですね!

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイオトモとのコミュニケーション

狩猟とは直接関係ないですが、オトモ「アイルー・ガルク」それぞれとコミュニケーションがとれます!

アイルーの方には「ネコジャラシ」などのしぐさがあります。
マルチ参加時も1体オトモを連れていけるので、狩猟終えた後の待機時間に使ってみるのも良いかもしれませんね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

重ね着で凄い奇抜な見た目のオトモを連れてくる人とかいそうで、楽しみです( ⁎˃ᴗ˂⁎ )

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイ「翔蟲」の仕様

今作のポイントとなる「翔蟲かけりむし」を使った、アクションも紹介されました。最初PV見た時は難しそうと思ったんですが、スリンガーと同じようにちょっと慣れればすぐに使えそうな印象でした。

使用するときは「ZR」ボタンを使用します。PS4でいうと「R2」ボタンの位置です。

今回の実機プレイでは初期状態で2個所持していましたが、フィールド内にある「大翔蟲」を拾うことで残数がアップします。

使用すると、円グラフ状のゲージアイコンに切り替わります。ゲージの回復速度を早めるスキルとかもあるかもしれませんね!

フィールド内の「勾玉草」に「大翔蟲」を設置することもできます。

「翔蟲」の他にも、防御力をアップできるオレンジ色の蟲もいたりするので、狩猟に向かう前にフィールドで拾っておくのも良いかもしれません。

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイガルクライド

アイスボーンのオトモダチライドのように、今作もガルクに乗ってフィールドを高速移動できます。
使用する際は、アイテムからもできますが、「Aボタン長押し」でもできるようです。

フィールドを走りながらの状態から、さっと乗りこなしていたので、アイスボーンに比べて使い勝手は向上していますね(*’▽’*)♪

ライド中のアイテム使用はもちろん、武器研ぎまでできるようになっているので便利です!

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイ「環境生物」も登場

ワールドから登場した環境生物ですが、今作でもありました( ⁎˃ᴗ˂⁎ )レア狙い頑張らなきゃ。
実機プレイでは「アメフリツブリ」というカタツムリのような生物を捕まえていましたが、捕獲ネットを使用せず、なんと手づかみでした!!!?

小型サイズだったから手づかみだと思うのですが、ツキノハゴロモのような巨大なのものも手でつかむのか気になります>_<*

その他、蟹(ヤドカリ?)のような生き物や、ワールドのいた蝶(モルフォ)の黄色っぽいのも確認できました。

環境生物ではないですが、竹林のあるエリアでは、ケルビのような鹿の小型モンスターや、

狸の姿をした小型モンスター「ブンブジナ」も紹介されました。
アイスボーンのギンセンザルのような『マスコット的な立ち位置』ともおっしゃっていましたが、小型モンスターだと捕まえられないのが残念です…。

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイ武器ごとの「翔蟲」アクションも

フィールド探索やアクション操作についての紹介の後にモンスターとの狩猟もありました。最初に戦っていたのは、ヨツミワドウで、翔蟲を使った武器アクションも一部紹介されました。

双剣専用ですが、翔蟲が使う、鉄蟲糸(てっちゅうし?)を絡めて使う技が紹介されました。こちらの技は、使用した部位への追加ダメージ量がアップするようなので、アイスボーンの「傷つけ」に近いイメージかと思います(*’▽’*)♪

この他、映像で分かりずらかったんですが「朧月おぼろづき」という名称で、翔蟲設置中にモンスターからダメージを喰らうとカウンターが発動する技も紹介されました。

クラッチクロー攻撃のように使いこなすには慣れが必要ですが、各武器ごとに翔蟲を使った技が登場するので、続報が楽しみです♪

また、Twitterでも気にしている方も多かった「攻撃時のダメージ表記」もありました。同時に過去作のように攻撃に合わせ血しぶきが出るエフェクトも*>_<*痛そう

TGS2020「モンハンRISE」実機プレイ「アオアシラ」も再登場

良三さんのプッシュもあって、リハで紹介する予定のなかった、過去作登場の「【牙獣種】青熊獣:アオアシラ」との狩猟もありました!!
狩猟時間はとても短かかったんですが嬉しいサプライズでした(*’▽’*)♪

実機プレイ全編を通しても、技使用時も含めシリーズ屈指のボイス量なのですが、ボイス量については個々調整できるみたいです!

当日放送の実機プレイのアーカイブURLはこちらになります。

TGS2020「モンハンSTORIES2」情報

RISEの情報は以上となりますが、続いて2021年夏発売予定の「STORIES2」について紹介します。

TGS2020「モンハンSTORIES2」情報主人公はレドの子孫

今作の登場人物で伝説のライダー「レド」になります。
良三さんのコメントでは『こちらが主人公と勘違いされている方も多いのですが違います…』とはじまり、

『今作主人公は、レドの子孫にあたる少年になります』と続きました。

登場人物の時間軸が違うので、タイムスリップをするのか、それともザッピング形式で過去編と現在編をそれぞれ異なるキャラを操作して物語が進行するのか気になりますね。

TGS2020「モンハンSTORIES2」情報キャラメイク可能

主人公のキャラメイクができる他、前作にあった4武器種(大剣、片手剣、ハンマー、狩猟笛)に加え新たに2種武器が追加されるようです(*’▽’*)♪

TGS2020「モンハンSTORIES2」情報竜人族エナ

物語に登場する竜人族エナは、物語の主要人物になると説明されていましたが、25/26日放送回とも情報がここで終わりました…。
RISEより発売日が先なので、現段階で出せる情報が少ないと思うのですが、RPGなので戦闘シーンは見れると嬉しかったんですが…。

ワールド登場の「アンジャナフ」も!?

ディズニーアニメのようなファンタジー色の強い感じで、映像内でもキャラクターの個性が前面に出ていて面白そうです。RPGなのでSwtichのポーダブルモードでのんびり遊べるのも良いですね♪
こちらも続報に期待したいと思います(*’▽’*)b

TGS2020「モンハンSTORIES2」情報RISEとSTOREIES2の連動イベント?

両タイトルの連動要素が「RISE」と「STORIES2」それぞれにあるみたいです。
具体的にどういう要素かは現段階では分かりませんが、これは両方買うしか!?(*’▽’*)♪

RISEが2021年3月で、STORIES2が2021年夏なので、それまでにRISEは大型アプデ以外(もしあれば?)一通りやることが終わり「STORIES2」に専念できるかと思います。

そして「STORIES2」が終わった頃には「RISE G級」が発売され、それが終わった頃には、PS5のワールドシリーズの続編がでるかなと予想しています(2022~2023年?( ⁎˃ᴗ˂⁎ ))

先々を考えるとワクワクしますが、RISE発売までは、ワールドの最終アプデをじっくり楽しもうと思います(ू•ᴗ•ू❁)♪

ワールドで登場した全14武器種がRISEでも登場するので安心ね*^_^*

ねこじゃらしが楽しみニャッ♪

「3月26日(金)」最速で遊べるダウンロード版

今すぐ購入

モンハンRISE専用デザインのProコントローラー

今すぐ購入