「滑空の装衣」というとワールド時代は、そこまで注目を浴びた特殊装具ではなかったのですが、アイスボーンになってからは、マルチでも多くの方が装備されています。
「滑空の装衣」というと、アイスボーンのβ版配信時くらいからクラッチキャンセル乗りなどが注目されたのですが、大剣など乗り連携技をとらない武器種の方でも好んで使用されている方も多い特殊装具です。
今回はそんな「滑空の装衣」のメリットについて簡単に紹介したいと思います(⁎˃ᴗ˂⁎)♪

「滑空の装衣」のメリットについて

クラッチキャンセルからの乗り

滑空の装衣のメリット
「滑空の装衣」のメリット1つ目は「クラッチキャンセルからの乗り」です。
滑空の装衣装備中にクラッチ中を「×」ボタンでキャンセルすると、ふわふわ浮遊状態になりそこから乗り(or乗り値蓄積)をするという方法です。
こちらの方法についにてはアイスボーンのβ版頃から多くのYoutuberさん達も検証動画などをアップされています(⑅•ᴗ•⑅)

特に大剣を利用される方と相性が良くて、滑空状態では武器納刀する特性を生かして、スキル「抜刀術【技】Lv3」で滑空攻撃時の会心率+100%にし、さらに「飛燕」スキルを付ければダメージを1.3倍にすることもできるようです。

装衣の効果時間が長い

装衣の効果時間が長い
「滑空の装衣」のメリット2つ目は「装衣の効果時間が比較的長い」点です。
「強打の装衣」などは90秒くらいしか着用できないのですが、「滑空の装衣・改」は「180秒(3分)」と比較的長く着ることができます。

装衣の再使用時間が短い


「滑空の装衣」のメリット3つ目は「装衣の再使用時間が短い」点です。
「滑空の装衣・改」では「120秒(2分)」という短さで、これは全特殊装具中、最速になります。これに、エンプレス3部位の「整備・極意」で50%短縮などを合わせると、3分間着て、1分再利用を待って、また3分着るといった使い方もできます。

スロット【4】装飾品が2個装着できる

スロット【4】装飾品が2個装着できる
「滑空の装衣」のメリット4つ目は「スロット【4】装飾品が2個装着できる」点です。こちらも全装衣中最多量で、先程の効果時間の長さと再使用時間の短さの利点を合わせると非常に使い勝手の良い装衣になります。

スロット【4】装飾品が2個装着できる②
ここの「スロット【4】」2枠には敵の怒り時に攻撃力と会心率がアップする「挑戦珠Ⅱ」を2個入れたり、最近ではムフェト・ジーヴァでも人気の高いライトボウガンで「攻撃珠Ⅱ」を入れられたりするといった使い方をされている方も多いです。

スロット【4】装飾品が2個装着できる③
その他、快適セットを作る場合、レア12装飾品になりますが「防音珠Ⅱ」や「防風珠Ⅱ」をこちらに2個入れ、あとは装備のどこか1か所に「防音珠【3】or 防音x〇〇」の複合珠を入れることでスロット専有率が高い「耳栓:Lv5や風圧Lv5」を導入し易くなります。
もちろん「不動の装衣」でも良いのですが、不動よりも装衣の回転率が高く(効果時間の長さや再利用時間の短さ)、多段攻撃で力尽きるリスクも避けられるメリットもあり、既存の装備セットに手軽に導入できます。

さいごに

【MHW Blog.com】さいごに
今回は「滑空の装衣」のメリットについていくつか紹介しました(⑅•ᴗ•⑅)♪

「滑空の装衣」を着るとちょっとした段差でも浮遊動作になって逆に使いづらいというデメリットもありますが、長時間「スロット【4】スキルを2個分多く装備」できると考えるとメリットは大きいです。

ただ、特殊装具については「絶対にこれでないとダメ!」というものではないですので、ご自身のプレイスタイルに合わせてお好みで良いかと思います( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )
耳栓無しで開幕クラッチ入れるなら「不動の装衣」も良いですし、敵のダウンを多くとるなら「強打の装衣」、導きの地で何度も睡眠クラッチぶっ飛ばしするなら「化合の装衣」、敵が猛毒・睡眠攻撃する場面では「免疫の装衣」、生存重視なら「体力の装衣」や各種属性耐性装衣、ガード武器種など固定位置でガンガン責めるなら「癒しの煙筒・改」など状況に合わせて選択していきましょう(⁎˃ᴗ˂⁎)

特殊装具は全20種あるけど、内1枠「転身の装衣」は手放せないわね*^_^*

アイスボーンになって「滑空の装衣」も使い勝手が良くなったニャッ♪

アイスボーン最新記事

アイスボーン過去記事アーカイブ