(画像引用元: 「モンハン映画公式サイト」様)
前回こちらの記事で紹介しましたように、2020年9月4日予定「モンスターハンター(MonsterHunter)」のハリウッド実写映画の延期され、日本ではRISE発売と同じ「2021年3月26日(金)」、米国では前倒し「2020年12月」に公開することが決まりました。

各種メディアサイトにて、今作の監督を務める「ポール・W・S・アンダーソン」さんのインタビュー記事が紹介され、「映画続編への意向」や「映画のストーリーが、ワールド(本編)とアイスボーンまで」に相当することを示唆する記事がありましたので、こちらを引用しながら紹介したいと思います(⑅•ᴗ•⑅)♪

アンダーソン監督へのインタビュー

アンダーソン監督へのインタビューワールドに関連したストーリー?

アンダーソンはカプコンのゲームディレクターである藤岡要と緊密に協力し、映画版『モンスターハンター』がゲームフランチャイズの世界観に忠実であるよう、細心の注意を払っている。アンダーソンはゲーム世界の住人ではなく、私たちのいる現実世界の人間を映画オリジナルの新しい主人公にして、『モンスターハンター:ワールド』本編の直後、『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の前に発生するストーリーが存在できる空間を苦心して作り上げている。

引用元: IGN Japan 様

こちらのインタビュー内容によると、映画の世界線(?)は、ワールド本編直後(任務「収束の地」でゼノ・ジーヴァ討伐後)~アイスボーンの前(古代樹の森でレイギエナの痕跡調査前)のようです。

本編「収束の地」後は、マムやナナ、各歴戦古龍と戦ったり、異世界からベヒーモスやレーシェンが登場したりしてますが、そのあたりはおいておいて、ワールドのディレクターを担当された藤岡要さんとの連携もされているので、どういう風に繋がっていくのか楽しみです( ⁎˃ᴗ˂⁎ )

アンダーソン監督へのインタビュー続編制作への意向

同じインタビューで、映画版のオリジナルの主人公であるナタリー・アルテミスを演じるミラ・ジョヴォヴィッチは、アンダーソンが『モンスターハンター』の映画ユニバースで展開する「新しいもの」を「すでに書いている」と明かした。「私たちは喜んでもう1本の映画に参加します」とジョヴォヴィッチ。「ファンも映画を好んでくれると良いですね。ポールは続編を作りたがっていますから……というか、すでに新しいものを書いていますからね

同インタビューでは既に続編のシナリオの話も!

モンスターハンターには数100を超えるモンスターがいますが、映画に登場できるのが5~6体というコメントもあったので、続編でいろいろ描いていきたいという思いもあるのかもしれません。人気のモンスターが登場したらファンにとっては嬉しいですもんね(⑅•ᴗ•⑅)♪

世界線がワールドベースだと続編は「アイスボーン終了後~ワールド2(仮称)開始前」でしょうか?
シュレイド城を舞台とした黒龍伝説のシナリオを映画化してくれたら嬉しいですが(*´︶`*)

ワールドの世界観ベースなのでRISEの和製の舞台を織り込むことは難しそうですが、外伝映画としてあっても良さそう♪

映画に登場するモンスター

映画「MONSTER HUNTER」に登場するモンスター(小型~大型)について一部紹介されていましたので、こちらについて紹介します。

映画に登場するモンスターアプケロス

アプケロス

ワールドにも登場した小型モンスター「アプケロス」の群れです。
「アプケロス」って基本おとなしいモンスターですが導きの地(荒地)でリオレイア希少種と戦っているときに視界を遮るのが厄介でした…>_<*

今作は砂漠のシーンが多かったので、世界観に合わせて登場させたのかと思います。

映画に登場するモンスター影蜘蛛ネルスキュラ

影蜘蛛ネルスキュラ①
影蜘蛛ネルスキュラ②

『モンスターハンター4』で登場した影蜘蛛「ネルスキュラ」も登場するようです。砂漠地域で登場するので「ネルスキュラ亜種」という説明もあります。

映画に登場するモンスターリオレウス(金冠サイズ?)

モンハンといえばやっぱりリオレウスですね!
背景で重火器で応戦してる描写も見えますが、サイズの対比からしても、金冠サイズと思える程の大きさです!!


退路を断たれたところからのブレスシーンも! どうやって切り抜けるか気になります( ⁎˃ᴗ˂⁎ )


真正面のアップシーンです。やっぱり大きいですね!

映画に登場するモンスターディアブロス

砂地といったらやっぱり「ディアブロス」! 音爆弾、音爆弾(ू•ᴗ•ू❁)

映画に登場するモンスターディアブロス亜種

こちらはダークグリーンの体色なので「ディアブロス亜種」でしょうか?
ゲームの映画だと独自路線に走りがちなんですが、ゲーム本編に合わせて、通常種と亜種をきっちり分けて制作されているのは嬉しいです。

映画に登場するモンスター鏖魔ディアブロス


『モンスターハンターダブルクロス』のオマージュとして、瀕死状態のディアブロスの角の部位破壊成功とともに「鏖魔ディアブロス」になる描写も再現されています。

映画に登場するモンスターゴアマガラ

『モンスターハンター4』で登場した「黒蝕竜:ゴアマガラ」も予告編で少しだけ紹介されました。1本の映画内で大型モンスターは多くだせないとあったので、こちらが今作のオオトリのモンスターになるのでしょうか。

映画に登場するモンスターダレン・モーランの骨

『モンスターハンター4』の大砂漠に生息する古龍種「ダレン・モーラン」の骨の描写もあります。砂上船に乗って、撃龍槍やバリスタで生きている個体と戦うシーンがあるか気になりますね( ⁎˃ᴗ˂⁎ )

映画に登場するモンスター双剣(鬼人化)

モンハンの魅力といえば武器ですね! アルテミス役を演じるミラ・ジョヴォヴィッチさんが持っているのは「大剣」で、ハンター役を演じるトニー・ジャーさんが持っているのは「弓」で、こちらは映画化決定初期の頃から紹介されました。

ハリウッド映画だと、重火器で応戦するシーンが多いのかなと思ったんですが、


双剣の鬼人化シーンも紹介されました。双剣の素早いアクションが映画だとどういう風に表現されるか楽しみです。

スリンガーを使用したワイヤーアクションも!! ワールドの世界観なので翔蟲ではなさそうですね♪

今回は、3月26日公開予定の映画とモンハンワールドの繋がりや続編制作のインタビューに、予告編で紹介されたモンスターや武器種について紹介しました。

まさか、藤岡さんと連携してワールドとの繋がりを持たせているとは知りませんでした! それでいて、モンスターハンター4やダブルクロス登場のモンスターも出てくるので過去作を遊んできたファンには嬉しいシーンかと思います♪

既に続編を書かれているので、今作で完結することはなさそうですが、続編ではどのモンスターが登場するのか気になりますね(ू•ᴗ•ू❁)

ワールドの繋がりがあるのは嬉しいサプライズだったから3月26日の上映が楽しみね*^_^*

予告編第2弾映像にも期待ニャッ♪