「11月16日(金) AM9:00~」配信された歴戦王ゼノジーヴァ討伐イベント「それは古龍の王たらん」! 初日ソロ討伐しましたので「通常ゼノジーヴァ」と比べての変更点や注意すべき技などについて簡単に紹介致します! (※対策装備については別途まとめたいと思います)

「それは古龍の王たらん(歴戦王ゼノジーヴァ)」の主な変更点

耐久力の大幅アップ
歴戦王ゼノジーヴァ_02初見技の様子見なども兼ねてたのですが、耐久力が大幅に増しています。制限時間30分。1度力尽きてしまい時間危なかったです><。周回重ねてもっと練習しようと思います^_^*
攻撃頻度の上昇
ブレスを放つと同時にすぐに突進してくるなど、通常個体と比べ技の使用頻度(間隔)が非常に短くなっています。移動する位置にも配慮しつつ、壁際など狭いところに追い込まれて身動きとれなくならないよう注意しましょう。
開幕からステージ2
これが一番驚いたのですが「落石ポイント」のあったステージ1のフェーズはなく最初からステージ2の戦闘になります。ステージ移動後すぐ戦闘になるのでキャンプから出発する直前に補助アイテムなどを使用しておくと良いかと思います。
熱ダメージ地帯の対策
臨界時通常個体同様に地面が焦土化して熱ダメージ地帯となりますが、通常個体と異なり「火耐性・属性やられLv3」では無効化できません。
ただし、こちらは「心頭滅却の護石」のスキル「熱ダメージ無効」などで対策可能です!
尻尾攻撃が2段構え
通常個体でも尻尾付近にいる対象キャラめがけて尻尾攻撃をしかけてきますが、歴戦王の場合、尻尾を振った後にさらに地面から青い炎が噴出するので、さらに後方に下がって回避する必要があります。
臨界時に地面から噴出する青い炎の多段攻撃
歴戦王ゼノジーヴァ_03これが追加特技で一番厄介なのですが、臨界時の地面から青い炎が連続4回くらい噴出して近寄るのが困難になります。多段ヒットすると力尽きてしまいますが、臨界時ゼノが地面にかがむモーションを見て、後方に連続して下がれば回避可能です。
飛行時の攻撃方法
歴戦王ゼノジーヴァ_05飛行する前に周囲にブレスを吐いて飛び上がります。ここのブレスは見て簡単に避けれるので対策難しくありません。飛行時の滞留時間は通常よりも短く、飛行と同時に突進攻撃(ネルっぽい)をしかけてきます。突進後地面に着地した際に地震効果が発生するので「耐震耐性 (スキル or 不動の衣装 or オトモ楽器」はあった方が良いかと思います。また、飛行時「閃光弾」は効果ありませんでした。

歴戦王ゼノジーヴァ

その後、装備生産に必要な「冥龍灯チケット(7枚分)」周回完了し、力尽きる回数も徐々に減って安定して倒せるようになってきました^_^*
それでも、1戦1戦が長いので小まめに休憩はとるようにしています♪

臨界時はダメージの稼ぎ時だけど、近づきすぎると地面から青い炎がでて危険なので「転身の衣装」は臨界に合わせて温存しておくと良いわね^_^*

回復アイテムが切れそうになったら「モドリ玉」で一度キャンプへ戻って補充すると良いニャッ♪

↓↓↓ 「ゼノラージγ」シリーズの性能については下記より ↓↓↓


 モンハンワールドBLOG.com
モンハンワールドBLOG.com
https://www.mhw-blog.com/astera-sai-kirameki-no-utage/all-challengequest-list
MHW (モンスターハンターワールド)のマム鑑定「皇金武器」、配信バウンティ、レーシェン、極ベヒーモス、歴戦王攻略情報についてご紹介!