「皆さま、双眼鏡使われていますか…?」
お店で500ゼニーで購入できる「双眼鏡」。あまり使われていない方も多いかと思いますが、これを使用すると、対象の生物などを拡大表示することが可能です!
モンハンワールドでは、画面撮影(PS4「Share」+「▲」ボタン)はできるもののズーム機能が標準でないので、何か拡大したい時は「双眼鏡」を使用する必要があります。
あと、双眼鏡の活用ポイントとして「近寄ると逃げる小さい環境生物が遠目で居るかどうか確認する時」におおいに役立ちます。
今回は、絶賛開催中のマムMAP『地脈の黄金郷』の生物を双眼鏡で撮影したので、こちらを紹介するとともに、レアな環境生物「ツチノコ」についても記載したいと思います!

マムイベントMAP『地脈の黄金郷』の生物

  • 環境生物「コンジキウロコウモリ」(レア度★☆☆)

早速、双眼鏡片手に『地脈の黄金郷』でのみ遭える「モンスター(2種)」と「環境生物(5種)」を撮影してみました! 拡大してみると質感とか凄いです…ただ環境生物で可愛いのがいないのが残念><
「黄金ガジャブー」とか拡大してみると、陽気なダンスが見れて結構楽しいです!(是非)

ですが、ここで1点! 前回の記事で少し触れたように『地脈の黄金郷』の「環境生物は全部で6種」
そう、レア生物である「ツチノコ」がおりません!! 実は2時間以上探索を繰り替えしたのですが、遭遇できませんでした…個人差あるかもですが、本当出にくいです。

そんなツチノコではあったのですが、一回撮影を諦めてマム周回に戻った途端に、なんと砲台のところに出現しました!!「隠れ身の衣装」を着ていなくて逃げられる可能性もあるので、即捕獲しました!
レア生物というだけあって、調査ポイント「500pts」貰えます!


レアな環境生物「ツチノコ」の捕獲方法

別途記事でもまとめたのですが、ツチノコの出現場所は上記の5か所になります。
(※前回の記事で掲載していなかったですが、⑤の部分、キャンプからエリア2-3へ続くショートカット滑り台の末端でも稀に出るようです)

他にも、エリア3と4でマムが破壊する壁からも出るという目撃情報もあるようですが、捕獲の周回をするなら上記の5か所に集中すると良さそうです。
また、基本はソロ探索で捕獲をされるのが良いのですが、レア生物でもあるため、もし、マム討伐周回中発見したらさっと捕獲を試みるのもりかも。発見後すぐの捕獲であれば「隠れ身の衣装」なくてもすぐには逃げないので、砲台周りあたり毎回チェックされると良いかもしれません!

レアな環境生物「ツチノコ」をお家で鑑賞

  • 「地脈の黄金郷」レア環境生物3種! 奥「ゴールドカラッパー」、中央「ジュンキンカブトガニ」、手前「ツチノコ」

双眼鏡で拡大はできなかったものの、せっかく捕獲できたのでお家に離してみました!
「地脈の黄金郷」で捕獲できる6種の内、レア度の高い3種になります。
黄金色は赤いカーペットに映えますが、カブトガニはいっぱいいると気持ち悪いかもですねw
ツチノコは、想像以上にモフモフ質感に癒されました! これは複数欲しいかも!

まとめ

今回は、双眼鏡による「地脈の黄金郷」の生物一覧と、レア生物「ツチノコ」の捕獲方法の紹介でした。「まだ捕獲していない方」、または「既に捕獲してるけど複数体欲しい方」はこの機会に是非!

マム周回もずっと続けているとまんねり化してきますが、「ツチノコ」の探索も兼ねてやるとモチベーションも上がるかもしれません!本当に出にくいので、遭遇した時は思わずテンション上がります!(私はあがりましたw)。 ただし、捕獲作業に夢中になりすぎて同行するプレイヤーさんに迷惑のかからないよう、ご注意くださいませm(..)m

皆さまのハンターライフがより一層楽しいものになりますように!
以上、ご購読ありがとうございましたm(..)m

環境生物関連記事一覧


注目記事一覧