5月10日(金) 朝8:00放送の『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラム 2019』にて、待ちに待った「歴戦王ネルギガンテの配信日」と「ICE BORNE(アイスボーン)の新着情報」の発表がありました。こちらの記事では「歴戦王ネルギガンテ」の配信日について紹介したいと思いますm(. .)m
(↓歴戦王ネルギガンテの配信日は下記記事になります)


モンスターハンターワールド:アイスボーンの発売日

放送の冒頭から発表ありましたように「2019年9月6日(金)」で本日より予約開始のようです!
「アステラ祭【納涼の宴】」が終わって、暫く経ってくらいでしょうか。今から楽しみですね!

モンスターハンターワールド:アイスボーンの製品情報

以下の5種ラインナップでリリースされるようです。
Steam版の方の発売は冬あたりを目途のようです。

「ダウンロード版」

モンスターハンターワールド:アイスボーン「ダウンロード版」
「ダウンロード版」の価格は「4,444円(+税)」となります!
(※拡張パッケージなので「モンスターハンター:ワールド」も必要となります)

「デジタルデラックス版」

モンスターハンターワールド:アイスボーン「デジタルデラックス版」
「ダウンロード版」の価格は「5,370円(+税)」となります!
モンスターハンターワールド:アイスボーン「デラックスキット」
「デジタルデラックス版」に入っている、重ね着などの特典は「デラックスキット」として単体購入もできるようです。

「マスターエディション版」

モンスターハンターワールド:アイスボーン「マスターエディション版」
「モンスターハンター:ワールド」と「アイスボーン」がセットになったパッケージとなります。
価格は「6,990円(+税)
モンスターハンターワールド:アイスボーン「マスターエディション版」「ユクモノシリーズ (重ね着)」
予約限定特典としてシリーズお馴染みの「ユクモノシリーズ (重ね着)」が貰えます。
(※ユクモノシリーズは予約特典で「マスターエディション版」以外でも付いてくるようです。2019-05-15放送カプコンTVにて)

「コレクターズパッケージ版」

モンスターハンターワールド:アイスボーン「コレクターズパッケージ版」
コレクターズパッケージは、アジアや日本限定ですが、「モンスターフィギュア」「アートブック」「スペシャルサウンドトラック」「メタルアート」が同梱されたパッケージとなります。
価格は「14,444円(+税)

「マスターエディションコレクターズパッケージ版」

モンスターハンターワールド:アイスボーン「マスターエディションコレクターズパッケージ版」
「モンスターハンター:ワールド」と「アイスボーン」がセットになった「マスターエディションコレクターズパッケージ」となります。
価格は「16,990円(+税)

パッケージ版とダウンロード版のメリット・デメリットと購入店舗ごと予約特典などについては下記記事にまとめましたのでご参考までにm(. .)m

モンスターハンターワールド:アイスボーンの基本情報

エンディング後のストーリー

エンディング後のストーリー「エンディング後のストーリー」
こちらは以前より情報があったように「モンスターハンター:ワールド」クリア後(ゼノ・ジーヴァ討伐後)の続編ストーリーとなります。シリーズのコンセプトである「古龍渡りの謎の解明」が今作も関わってきます。

マスターランクの実装

マスターランクの実装
クエストの下記/上位とは別に新たに「マスターランク」が登場し、これは従来「Gランク」相当の高難度ランクになるようです。

新フィールド「渡りの凍て地」

新フィールド「渡りの凍て地」
新規追加される雪原フィールドは「渡りの凍て地」という名前のようです。見るからに寒そうですね>_<
雪原を進んだところに足痕ができたりと今までになかった新しい技術が多数盛り込まれているようです。
こちらで着用している防寒衣装は「重ね着衣装」で物語序盤で貰えるようです。(2019-05-15放送カプコンTVより)

モンスターハンターワールド:アイスボーン「渡りの凍て地」の特徴

序盤のエリアは森が中心の寒冷地ですが、温泉スポットなどもあるようです。今まで実装されたフィールドの中ではかなり広いMAPのようです!

唐辛子から「ホットドリンク」を作成

唐辛子から「ホットドリンク」を作成
過去シリーズでもある、唐辛子から作成できる「ホットドリンク」が実装されるようです。寒冷地ではスタミナが減りやすくなるようなので、クーラードリンク同様に環境探索では必須となりそうです。フィールド内にある温泉でもホットドリンク同様の効果を得ることができるようです。

小型モンスター「ポポ」

小型モンスター「ポポ」
過去シリーズでも登場した「ポポ」が登場するようで、今作でも大型モンスターに襲われるようです…。

翼竜「コルトス」でエリア移動

翼竜「コルトス」でエリア移動
寒冷地にも「翼竜「コルトス」」が登場し、つかまってエリア移動することができます。ゾラ戦の障壁と船の移動のような感じですね。

「渡りの凍て地」の環境生物

放送内では3種の環境生物が紹介されました!

環境生物「ケイコクチョウ」

環境生物「ケイコクチョウ」「渡りの凍て地」に棲息する鳥「ケイコクチョウ」です。

環境生物「ユキダマコガネ」

環境生物「ユキダマコガネ」
フンコロガシの雪玉を転がしているのは「ユキダマコガネ」という環境生物です。蹴るとカブトガニのように「ハジケ結晶」を落とすようです。

環境生物「温泉に浸かるお猿さん(名称不明)」

環境生物「温泉に浸かるお猿さん(名称不明)」
名前が公表されたなかったのですが、「渡りの凍て地」内にある温泉に浸かっているとお猿さん似た環境生物も入ってくるようです! これは可愛いですね(*´∇`*) 辻本さんのコメントにあるように人気でそう。

モンスターハンター:アイスボーンの追加モンスター

放送内では4種の大型モンスターが紹介されました!

猛牛竜:バフバロ

猛牛竜:バフバロ①
獣竜種となる「猛牛竜:バフバロ」は序盤で登場する大型モンスターとなります。
猛牛竜:バフバロ②
攻撃パターンは直線的なものが多いようですが、フィールドに応じて木や岩などを巻き込んで突進してくるのが特徴です。巻き込む障害物によっては回避するのがたいへんそうです…。

凍魚竜:ブラントドス

凍魚竜:ブラントドス
魚竜種となる「凍魚竜:ブラントドス」も序盤で登場する大型モンスターとなります。
深い雪に潜りながらハンターに近寄って攻撃をしかけてくるようで、この雪から、いかに引きずりだすかが重要となるようです。潜るということは「スリンガー音爆弾」の出番でしょうか!?

迅竜:ナルガクルガ

迅竜:ナルガクルガ①
過去作(MHPG2nd)でも登場した「迅竜:ナルガクルガ」も今作で登場するようです。
迅竜:ナルガクルガ②
動画では「古代樹の森」で戦闘を行っていて、リオレウスとの縄張り争いを行う場面もありました。

冰龍:イヴェルカーナ

冰龍:イヴェルカーナ
最期に紹介のあったのは古龍種となる「冰龍:イヴェルカーナ」です。コレクターズパッケージのフィギュアにもなっているので、前作のネルギガンテのように、アイスボーンの看板モンスターに相当するかと思います。
古龍種も特殊な氷攻撃を仕掛けてくるようですが詳細は今後の続報で紹介されるようです。

モンスターハンター:アイスボーンの新アクションなど

全武器種で抜刀中スリンガー使用可能

全武器種で抜刀中スリンガー使用可能

新スリンガーアクション「クラッチクロー」

新スリンガーアクション「クラッチクロー」①
モンスターにしがみ付く新アクションのようです。
新スリンガーアクション「クラッチクロー」②
一定時間しがみ付いた後に、いくつかの行動をとることができようですが動画では「ぶっ飛ばし」というアクションが紹介されていました。スリンガーに装填された弾を全弾使用して、モンスターの向いている方向にふっとばして壁に叩きつけたり、罠のある位置にコントロールしていました。スリンガーに装填された弾を全弾使用というところから、装填するスリンガーごとに特徴がありそうな気もします。

全武器種に新規連携技追加

全武器種に新規連携技追加①
こちらは一部しか紹介されませんでしたが、全武器種に新規連携技追加されるようです。
「大剣」ではスリンガーの射程が短くなるかわりに強化して発射できる「スリンガー強化撃ち」というものが追加され、ひるみを取るのに有効のようです。これを連携に組み込むことで「溜め攻撃」など狙いやすくなるようです。
全武器種に新規連携技追加②
双剣は、回避しながらの強化連携やクラッチクローを使用した連携が追加されるようです。
全武器種に新規連携技追加③
最期に紹介されたのはライトボウガンで、回避動作の2回目がスライディングになり、回避と同時にリロードして弾を打つアクションとなっていました。
その他の武器については今後の続報にて映像とともに紹介されるようです!

最後に

ついに「アイスボーン」の発売日や価格が決定されましたね!
映像を視る限りでも凄く丁寧につくり込まれているようなので楽しみです!
今後の続報を期待したいと思いますm(. .)m
また、今回放送された動画情報は下記になります。

注目記事一覧