今回は、弓を使用する上でよく利用する連携技や溜め攻撃から射撃にCSから抜刀スリンガー発射や竜の千々矢、クラッチクローへ繋げる技について動画を交えて簡単に紹介したいと思います( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

弓の基本連携技と溜め攻撃

弓の基本連携技と溜め攻撃-クイックショット連携-

TA(タイムアタック)挑戦されている弓使いさんも使用されている、クイックショットからはじまる連携技で、敵のダウン時や弱点部位への至近距離射撃に有効です。弓の基本連携である「通常→通常→剛射」の方がダメージ量は大きいですが、クイックショットからの連携は発動も早くダウンを取りやすいのが特徴です。

クイックショットは「〇」ボタンで出せますが、キー操作によっては曲射になる場合がありますが、アナログキーを上へ軽く引いた状態でやると成功し易いです。

弓の基本連携技と溜め攻撃-曲射剛射ループ-

「曲射と剛射」ループ連携です。曲射はアイスボーンになって気絶値が下方修正されましたが、それでも「強撃ビン」や「強打の装衣」を合わせると、高確率でダウンを取れるので有効な連携技です。

「曲射」は、ワールド時代マルチで使用すると石つぶてで、ひるみになり、特に近接の方への一定の配慮が必要でした。アイスボーンになって敵の体力が増え罠捕獲需要が高まったのと、後衛武器であってもクラッチで接近する機会が増え、逆に「耐衝(ひるみ軽減Lv1)」スキルを付けていないユーザーさんの方が少なくなりました。ラヴィーナセットで組む時に耐衝スキルがついてくるというのあります♪

ただし、中には「耐衝(ひるみ軽減Lv1)」を付けられていないユーザーさんもいるので、救難参加時に使用する際は事前にメンバーのスキルをチェックしておくと安心です。
最近ではストームスリンガー持ちのライトの方が複数集まりガンナー同士で弾が当たってしまうケースが多いため、前衛後衛関係なく、マルチで遊ぶ際は「ひるみ軽減:Lv1」はマストスキルとして入れておくと安心です( ⁎˃ᴗ˂⁎ )

弓の基本連携技と溜め攻撃-CS無しの溜め攻撃-

こちらは連携ではないですが「体術Lv1」などでTAをやられているユーザーさんが取り入れられている立ち回りです。CS攻撃よりスタミナ消費を抑えられ、さらに溜め移動中も回避動作(ころりん)もできるため不意の攻撃にも対応できるメリットもあります。ただ、溜め移動しつつ敵の弱点めがけて的確に狙うため、AIM力が必要になります。

CSからの抜刀スリンガー連携技

続いては、CS(チャージステップ)からの抜刀スリンガー連携技について紹介します。
CSと同時にスリンガーの構えモーションへの即切り替えるにはボタンの入力タイミングなど少し慣れが必要ですが、竜の千々矢やクラッチなど応用の幅が広がるので覚えておくと便利な技です(*’▽’*)b

CSからの抜刀スリンガー連携-スリンガー弾発射-

レウスレイア希少種やラージャンなど「可燃石」で、ひるみをとる時に非常に便利です。

CSからの抜刀スリンガー連携-竜の千々矢-

CS→抜刀スリンガー→竜の千々矢へ繋げる方法です。CSにより溜める強化が入るのでダメージ量もアップしますが、抜刀に失敗すると竜の一矢が発動してしまうので、そこだけ注意が必要です><*

CSからの抜刀スリンガー連携-クラッチ-

CSから抜刀動作でそのままクラッチへも繋ぐこともできます。

弓の乗り値蓄積方法

弓の乗り動作

「乗り」アクションでいうと「操虫棍」や「大剣」「ハンマー」などがあげられますが、弓も「CS + △」ボタンで乗り値を溜めやすい武器種です。マスターマムなどでマルチで行くとき操虫棍の方がいる時が乗りをお任せしてますが、いない場合はいつも取るようにしてます。

さいごに

さいごに
今回は弓の連携技や立ち回りなどについていくつか紹介しました(*’▽’*)♪
この他にも「駆け上がり射撃」をはじめ覚えてくと便利なテクニックも多いですのですが、また長くなりそうなため、また別な機会に紹介したいと思います♪

溜め移動動作から敵の弱点部位を狙う射撃に慣れておくとスタミナ管理もできて便利ね*^_^*

弓使いさんが少しでも増えてくれたら嬉しいニャッ♪